FC2ブログ
category製作中(ソーイング)

フェルトで作るキャミワンピース:応用ハートのポケット制作1

trackback--  comment0
フェルトのキャミワンピですが、やっとこ1/6サイズすべてが出来上がりました。
長かった。
膝丈ということで、momokoとジェニーの方を再度丈を出して、フェルト(18✕18cm)に収まるように修正しました。
もう一つ販売用にフェルトで作るフレンチスリーブのシャツの修正もやっていて、そちらも全て終わりました。(ベレー帽で着ているのがフェルトのフレンチスリーブシャツです)

今回は「フェルトで作るキャミワンピの応用、ハートのポケット付き」の記録用と作り方用ということでなるべく順を追っていこうと思います。
フェルトは巻かがり、縦まつり縫い(たてまつりと違って縫い糸が布の間を渡らない方法)で縫っていく方法をとっています。
重なる部分には縫い代がありますが、つなぎ合わせる部分は縫い代がなく、巻かがり処理になります。
ただ、今回のフェルトのキャミワンピースはつなぐ部分がなく、すべて重なる部分を始末するので、縦まつり縫いになります。
後は刺繍のステッチ(バックステッチなど)を使いますが、面倒なら省いてもOKですし、細かく切るのが苦手なら肩紐をサテンリボンに変えてしまっても大丈夫です。
自分が納得いくように作るのが、自分で物を作る時に一番大事なことだと思います。

型紙はフェルトで作るものは重ね分ありの型紙を、布帛やニットは縫い代付きで開き始末や端始末の違いで縫い代のつき方を変えたものを販売予定しています。

フェルトで作るキャミワンピの応用、ハートのポケット付きの型紙の準備。
(フェルトが厚いのとパーツが小さいため印をつけてから切ることをおすすめします。)

※水で消えるチャコ、自然に消えるチャコ、チャコペン、フリクションペンなどで印を付ける場合。
DSCN5868.jpg
重ね代付きで切ります。
ポケット部分はカッターでくり抜いて、ポケット位置の印をつけられるようにします。
左右あるものは両方切ってもいいですし、一つ切って裏返して使ってもOKです。
自分のやりやすいように、失敗の少ないやり方を選んでください。

※片面チャコペーパーを使う場合
型紙は粗裁ちします(出来上がりや重ね分より大きく切ること)。


印の付け方。
※水で消えるチャコ、自然に消えるチャコ、チャコペン、フリクションペンなどで印を付ける場合。
型紙の裏に両面テープを少し貼っておくと、ずれなくなります。
型に沿ってチャコなどで印をつけていきます。
肩紐のつけ位置やポケット付け位置も忘れずに。
ポケット付け位置は表側でも裏側でも、自分がやりやすい側に付けてくださて結構です。
(表側の場合はポケットが付けやすい。裏側の場合は印が残らないというメリットがあります)

※片面チャコペーパーを使う場合
フェルトの上に片面チャコペーパーを載せ、その上に型紙、さらにセロハン(なければ商品を包んでいる透明のセロハン状の袋でもOK)を載せ、マスキングテープなどでずれないように固定します。
セロハンは型紙が破れないようにするために型紙全体が覆える程度の大きさのものを使ってください。
鉄筆(またはインクの切れたボールペンなど)で線をなぞって写していきます。

印のもれがないか要チェックです。

今回2種類型の写し方をざっくり説明しましたがどうでしょうか?
人によって得手不得手があるので、自分にむいた方法(失敗が少なく自分が思ったとおりに仕上がるやり方)を探すのも、手芸の上達のコツになります。
もう一つは、印付けをすっ飛ばす方法です。
粗裁ちした型紙をセロテープやメンディングテープなんかでフェルトに貼り付けて、紙ごと一緒に切るという方法です。
これはハサミの刃がのりで汚れますし、余ったフェルトを使わない前提になる(テープを剥がすと毛羽立つため)のでもったいない方法ですが、正確に切るという点ではずば抜けてます。

こんな感じで、自分のやりやすい方法でまずは型紙を作って、印付けをします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ドール服・ドール用品へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ リカちゃんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

〔テーマ:ドールとハンドメイドジャンル:趣味・実用

New «‡Top‡» Old