FC2ブログ
category原型(ドールそれぞれの服の基本になる型紙)

リカちゃん原型

trackback--  comment0
リカちゃんを手に入れてまずやったこと。
それは20年以上前に作った型紙を引っ張り出してくることでした(笑)

そしてその中から原型を縫いました(ミシンを出すのが面倒で手縫いしてます)

DSCN4881.jpg

うん、ゆとり入れすぎ、服のラインが90年代!
袖が太い、太すぎる。作り直しだorz
ということで、20年前の原型がこちら。

DSCN4911.jpg

これをよりフィットさせて、りかちゃん仕様に!

DSCN4912.jpg

あったゆとりを削りまくりました。袖は袖山を高くして、細くなるようにしてます。しかし、なんでこんなにゆとり入れてたかな私?
そして、新しい原型で作った原型服(右側は以前の袖のままです、比較してみて下さい)

DSCN4906.jpg

スリム化しましたよ!りかちゃんはこれでOKということで。
次は近いサイズのブライスさんを作るとしますか。
ブライスさんにこの原型を着せましたら袖はギリギリでしたが、入りましたので、袖は気持ち幅を広げるために袖ぐりを少しだけ大きくしようかなと。
あとはバストの位置と高さ、肩のラインの修正で済みそうです。
ただ、ゆとりのある服は、リカちゃん原型で作ってブライスも共用になりそうです。
フィットした服のみ、それぞれの原型を使い分けすると思います。

にほんブログ村 コレクションブログ リカちゃんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ドール服・ドール用品へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

〔テーマ:ドールジャンル:趣味・実用

category原型(ドールそれぞれの服の基本になる型紙)

原型の話その2

trackback--  comment0
原型がどういうものかというのは前回のお話でご理解いただけたかなということで、じゃあ、原型があったら何ができるのかというお話を。

まず原型は脱ぎ着できる余裕だけを残し、ピッタリしたサイズで作られた型紙になります。
それよりも回り寸法(バストやウエスト、ヒップ、腕の付け根回りなんか)が小さくなると、着られないよというガイドラインになるということですね。
つまり、原型を使って製図をした時点で、着れる服か着れない服かがわかるということです。

そして、原型で一度服を作ります。その服をもとに、作りたい服の形のサイズを割り出していくことが出来ます。
例えばもっと肩幅を広くしたいとか狭くしたい、袖丈を伸ばしたい、もっとゆったりした服にしたいなどなど。
その服から何センチ、(ドールの場合はミリ単位になりますが)削ったり足したりすればいいかという目安になるのです。
つまり、デザイン毎に0から型紙を作るよりも簡単に型紙が作れるようになるのです。

人と違って人形は、一度原型を作ってしまえば、ずっとその原型が使えます。人は体重が上下し、歳とともに色々垂れ下がってくる生き物ですから^^;

ここで、昔作ったリカちゃんの原型とそれを使って製図したものなどなどをご紹介します。

DSCN4911.jpg

20年ぐらい前に作ったリカちゃんの原型です。ちょっとゆとりが多いんですよね。この原型で作った原型服がこちら。

DSCN4881.jpg

すごくゆったりです。なので腕の太いブライスさんも着ちゃえます。

DSCN4885.jpg

そして、原型を使って製図ですが、どういう服を作りたいかまず絵型(デザイン画よりも詳細に書いたもの)を用意しています。(絵型についてはまたあとで説明しますね。)

DSCN4914.jpg

その絵型と原型服を見比べて、製図をひいていきます。

DSCN4915.jpg

薄い線が原型の線になります。
絵型に近くなるように、襟ぐりを深くしたり、肩幅を狭くしたりしています。
原型と原型服があれば、それをもとに寸法を足したりひいたりして型紙ができちゃうのです!
何度も布で型を作って失敗を繰り返すロスが大幅に減ると言うわけです。
自分でデザインしたものを作りたい人には、この原型はお宝のようなものなのです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ドール服・ドール用品へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ リカちゃんへ
にほんブログ村



〔テーマ:ドールジャンル:趣味・実用

category原型(ドールそれぞれの服の基本になる型紙)

原型のお話

trackback--  comment0
まず原型って何かというお話を。

洋服を作る際に型紙を使う方法と立体裁断と言って、直接着る人や人台(ボディ)に布を当てて、型紙を使わないで服を作る方法があります。

私は両方の方法で服を作っていく予定ですが、型紙を使って服を作る際に必要になるのが原型になります。
で、ここで言う原型とは型紙を作るために必要な元になる型のことになります。
この元型を洋裁用語では原型と言います。
洋裁学校や専門学校で習う原型は学校ごとに違うかと思いますが、主流なのは文化式原型(新旧あります)とドレメ式原型(新旧あります)になりますでしょうか。
下の写真は雑誌レディブティックの切手で申し込める婦人服原型になります。

DSCN4913.jpg

サイズが基本サイズからあまり逸脱してない方でしたら、婦人服を製図する時にこの原型があると便利かもしれません。

そして、私が通ってました文化服装学院の縮図製図用の原型をご紹介。

DSCN4909.jpg

DSCN4910.jpg

上が婦人服9号サイズの1/4縮尺原型、下が子供服の1/4縮尺原型になります。確か婦人服の1/5縮尺原型もあったとおもいます。
このサイズに合う人形があれば、この原型も使えそうですね。残念ながら、うちに来た1/3ドール達には微妙に小さいですね。これをもとに、1/3ドールの原型を作ることはできそうです。出来たらご紹介しますね。

ドール用の原型の作り方は色々本が出てると思いますので、そちらを参考にされるとよいかと思います。
で、原型があったら何ができるのかってことですが、それは次回に持ち越しさせてくださいませ。

ドール服原型の作り方参考資料(わかりやすいと思います。)

型紙の教科書 ドール服の原型・袖・襟 ドールソーイングBOOK / 荒木さわ子 【本】

価格:2,160円
(2017/10/18 20:42時点)
感想(0件)




ドールソーイングBOOK 型紙の教科書 -スカート・パンツー

価格:2,160円
(2017/10/18 20:43時点)
感想(3件)




後は文化やドレメの教科書なんかも参考になるかと思います。逆に参考にならない部分もあるので要注意ですが^^:

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ドール服・ドール用品へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村



〔テーマ:ドールジャンル:趣味・実用

New «Top‡» Old